FC2ブログ
野球:創作打法 / 虎の巻のブログ
創作打法とは、球の速さに合ったバットの始動位置を計算にて割り出し、フルスイングでジャストミートさせる事を特徴とした。今までにない打法です。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ仕様バッティングマニュアル


■ バッティングとはタイミングに左右される・そのタイミングについてのマニュアルで・・・

■ 選手の持つ最高のパフォーマンスを以って、ありとあらゆる球の速さにすべて対応できる様にしたもの。

■ プロが使えるものは、当然ながら小学生でも中学生でも高校生でも使うことができます。


何故、プロ仕様なのか?
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


◆ 野球のバッティングには、野球の研究家はおろかプロでさえ知らないものが存在しています。

◆ それは例えば、プロは130キロにタイミングを合わせるのに、どこでバットを振り始めているのか?

◆ いかにプロと言えども、これの正確な位置を知っている選手は今のところ、誰一人としていないはずなのです。

◆ 何故、プロは130キロなのか? 

◆ もしプロが130キロのタイミングを分かっていたら、プラスマイナス20キロは簡単に合わせられるからです。

◆ つまり、130キロが分かったら、マニュアルで110・120・140・150キロなど簡単に合わせられるのです。

◆ 逆に、これが分からないまま、勘に頼ったり・いち・にぃ・さんなどと、その場限りの現場合わせをすると、

◆ 変化球の120・ストレートの150キロのとき、どれを基準に合わせてよいのか?全く分からなくなってしまいます。

◆ 10キロ単位の緩急に対応するには、その中間に基準となるタイミングの位置を設けておく必要があるのです。

※ 基準こそ違え、少年野球(90キロ)高校野球(120キロ)メジャー(140キロ)なども、同じ方法で解決します。

◇ プロ仕様のマニュアルとは、タイミングのメカニズム・位置の割り出し・迎撃の方法など、すべてを網羅したものです。


他、マニュアルでのタイミングのメカニズム

タイミングとは、球の速さが同じときでも ズレは生じる。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 プロのベテラン選手の例 

★ 球の速さは同じ筈なのに、歳をとる毎に段々とタイミングが合わなくなってきた。

☆ 年齢とともにタイミングが合わなくなるのは当然といえば当然。

☆ 例えば、全盛期・130キロ の位置でタイミングを合わせていたとしたら・・

☆ タイミングの位置とは、年齢によって身体の能力が低下した分、 に移動して行きます。

☆ それに気付かず、全盛期と同じ で合わせようとしたら、当然ながらタイミングは合いません。

※ 年齢と共に段々と打てなくなってくるのは、ただ単に視力の低下だけが原因とは限らないのです。

※ 僅か、0.01秒や0.02秒ズレただけで、年俸を半分にされたり戦力外通告されてしまう。

※ 惜しいかな ちょこっとマニュアルを見れば、たちまち解決してしまう問題なのですが・・・


少年野球や中学・高校野球の例


★ 毎日・毎日バットを振っているのに、試合では全くタイミングが合わず・ボテボテのゴロばっかり!!

☆ 成長期に毎日素振りを続けていたら、当然ながらスイングのスピードも少しずつ速くなってきます。

☆ 少し前まではでジャストミートしていても、少しずつ に移動していくのは当たり前の話。

◆ マニュアルを見て基準を知れば、動く様子が手に取るようにわかり簡単に修正できます。


球の速さが違うと、タイミングも違ってくる。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


☆ プロ・高校野球・少年野球を問わず、それぞれ球の速さに合ったタイミングの位置があります。

☆ プロを例にすると、130キロでのタイミングが ピッタリ合っていたとしたら、

110キロになったときは に前進移動させないとタイミングは合いません。

☆ 逆に150キロにアップしたときは、球が速い分 にバックさせないと合わないのです。

※  少年・プロに関係なく、タイミングとは・球の速さに合った位置に移動させる必要があります。


バッティングにおけるタイミングとは・・・

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



◇ 例えば、フルスイングでタイミングの合った位置が  としたら、

◇ あてるだけならスイングや動作をゆるめて   でも C でも  など・どこででも合わせられます。

◇ ただ、 で合わせる実力があるのに  や  にゆるめてしまうと、その分パンチ力は段々と落ちていきます。


◆ 一見すると、常識的なものばかり・当たり前のことばかり書いている様ですが・・・

◆ 実は、常識でも当たり前でもないのです。



今の野球の常識とは
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



☆ 時速70キロの球とは、小学生でも簡単に打てるおそい球の部類に入ると思います。

☆ これをプロが打つ場合は、 から E の間でバットを振り始めてインパクトさせているそうです。

★ なぜ C から  と分かるのか?

★ ネットで訪問できるスポーツ関係の科学館、館内隅々まで回るともっと知りたいことを教えるコーナーがあり・

★ そこで プロの選手は、バットの振出からインパクトまで何秒かかっているのかを教えてくれるのです。

★ 位置関係を上画で表すと  から  相当になります。

☆ 球の速さが140キロになっているので、その半分の70キロにすると  から E になるわけです。


☆ 運がよければ本屋でもわかります。キーワード・・・有名指導者/学者・・共著

☆ その本には メジャーリーガーは何秒かかっているのか書いてあります。大体  の少し手前になりますが・

※ 野球の常識とは  から  の様に 遥か遠くからバットを振り始めてインパクトさせている ことになります。

〇 少なくとも、80キロのときは  ・ 100キロは  ・ 140キロのときは  ・などではない様です。


野球の常識を変える・プロ仕様バッティングマニュアル
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


☆ タイミングとは経験や勘ではなく、理論で・計算で・割り出す。

マニュアルを使うとこうなります。 (画で位置関係をご確認ください)

□ プロが140キロを打つときは  の位置でバットを振り始めると丁度良い。(例、メートル40センチ)

□ 70キロなら  まで引き寄せてからバットを振り始める。(例、メートル30センチ)

別の言い方をしますと・・

〇 プロM選手・130キロを打つときはB 140キロ 150キロ でバットを振り始めれば丁度良い。 

〇 少年Z選手・80キロ 100キロ にきたときにタイミングを合わせればジャストミートできる。

◆ マニュアルでは、何メートルの何センチまで割り出し、且つ正確な位置がヒトメで分かる様にして有ります。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


● 音の速さの何倍ものスピードで飛んでくるミサイルを・ミサイルで打ち落とす時代・・

☆ 何故、たかだか時速で百数十キロ程度のスピードに合わせる理論がないのか?

☆ 何故、スーパーコンピューターなどで正確なタイミングの位置を割り出さないのか?

☆ 何故、精密機器などを使って正確なタイミングの位置を特定しないのか?

● いかに優秀な頭脳・最先端の科学技術を駆使してタイミングを割り出したとしても、

◆ 次の様に、無駄なことは分かっているので、敢えて手をださないのかも知れません。

1) タイミングとは、やり方次第でどこででも合わせられる。

2) タイミングとは、球の速さで変わってくる。

3) タイミングとは、人それぞれで違う。


● タイミングとはそれぞれでまちまち、平均など出したところで全く使いものにならない。

● それ故か、理論のスポーツ・野球において、タイミングだけは手付かずのまま今日に至った様です。


マニュアルで・自分自身のタイミングが分かるとこうなる。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



◆試合中 → 球の速さは大体140キロか・・・     でバットを振り始めたらジャストミートできるな・・

       → 変化球は120キロか ・・これなら    まで引き寄せてからバットを振ろうか・・

       → いよいよ160キロのおでましだ・・・・   で迷わずバットを振ろう・・


◆ マニュアルでは、個人・個人の身体能力を数値化、それにより・・

☆ 個人個人、それぞれの正確なタイミングがわかります。

☆ そのときの体調によっても微妙に変化するタイミングはその都度修正できます。

☆ 球の速さに伴うタイミングの変化には、その都度正確に合わせることができます。

☆ ギリギリまで身近に引き寄せるため、ストライクかボールかの見極めがし易くなります。

☆ 球速・スイング・反応時間など、タイミングのメカニズムが分かります。

◆ 今や、ゴルフ・ボクシングなど、素人おやじのやり方が見直される時代になってきました。

◆ 野球も然り、今まで勘や経験に頼ってきたものを素人のおやじが4年の歳月をかけ理論化。

☆ 故に・ただ言うだけではなく、理論通りに実際やって見せることができます。

見たら・・・・・きっと ビックリ!! しますよ



当内容につきましては、すべてにおいて著作権(含・創作打法)で保護されています。
この内容を基に、更に深めた理論や技術を展開したりゲームソフトなど企画制作。
それを公開した場合は著作権侵害となるおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。
スポンサーサイト
改・改・プロ仕様バッテイングマニュアル
kazu


◆  プロのバッティングの悩み・一発解消の自信あり 

  バッティングの良否はタイミングに左右される 
●  十年に一人の逸材・その卓越したスイングでプロに入団、その後全く鳴かず飛ばず・・・
●  記憶に新しいWBC・余興でのプロ野球選手対女子ソフトなど、タイミングに纏わる話は尽きません。

◆  タイミングとは、計算で簡単に割り出せる   ← 本当です。    
●  プロに、いち・にい・さん・とか・いち・にぃ~のぉさん・は相応しくありません。  
●  勘や経験に頼るより、計算で割り出した方が遥かに簡単・しかも確実です。 

■  タイミングとは・・・
●  球の速さ、個人々の力量でも違ってくる・捉えどころのないもの。
●  何万回も素振りやフリーバッティングを繰り返しても・必ず結果に結び付くとは限らないもの。
●  タイミングを素振りやフリーバッティングなどで解決しようとしても、土台無理な話なのですが・・

◆  タイミングを決めている4つの要素
●  4つの要素とは、球の速さ・スイングのスピード・反応の時間・スイングのストロークのことを言います。

■  現代科学でも測れない。4要素の・とある部分・
●  球を見てバットを振り始めるまでの時間・反応時間・これだけは科学を以ってしても測定は不可能。

■  反応の時間が解った 

●  ある日突然、この時間が分かってしまったのです。 ← 研究者の方々、これから研究を始めても手遅れです。(念のため)
●  これを基に、球の速さに合った個人々の正確なタイミングの位置を割り出すことに成功しました。

    他・・・
■  バッティングを難しくしている ながら動作
●  バッティングとは、球の速さ・動き・コースなどを見極めながら、同時にタイミングも合わせています。
●  タイミングはきちっとした理論で、コースの見極めなどはそれに沿った方法と仕分けて解決・・・

■  これらを鑑みたものが・・ プロ仕様バッティングマニュアル  です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

  あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
  バッティングについて、高校以上・プロに質問したい

  例えば、時速100キロの球、あなたはどこでバットを振り始めてタイミングを合わせていますか?
  ですか?それとも?・・もしかするとでしょうか? 

  もし、球の速さが120キロ140キロにアップしたら、どこでバットを振り始めますか?
  同じ位置で振りますか?それとも移動させますか?移動させるとしたらどの位移動させますか?

●  プロのスイングは140キロとも150キロともいわれています。
  あなたは何キロのスイングで球をとらえていますか?・130キロですか?・140キロ?・フルの150キロ?

  人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
  あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?

  これに答えられる専門家なし
  一見簡単そうにみえる質問・・実は、専門家でも答えられないほど難しい問題なのです。

■  マニュアルで答えが分かる
●  100キロは・120キロになったら・140キロは・などと、具体的な位置がわかります。
●  何キロのスイングで球を捉えているのか?計算で簡単に割り出せます。← 本当です
●  球を見てバットを振り始めるまでの正確な反応の時間が分かります。 ←0.2秒ではありません。

  理論と計算で解決できるタイミング
  プロが打つ時速150キロの球とは、0.01秒間に41センチもの高速で移動してきます。
  この0.01秒の動きは、正確な位置でバットを振れば簡単に捉えることが可能。
●  タイミングとは、算数程度で簡単に割り出すことができるのです。← 本当です。  

  タイミングが分かると・こうできる 
  試合前→始まる前にタイミングの確認をしておこう。
  試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならで振ればジャストミートできるな・・
  変化球は120キロか・これに絞ってまで引き寄せるか・
  いよいよ160のお出ましだ・振る位置はだな・抜いた150はにしよう。

  マニュアルで何が分かり、何ができるのか?
●  タイミングとは、同じ球の速さでも人それぞれで違うように、全く捉えどころのないものです。
●  マニュアルでは、その人その人のタイミング位置が簡単に分かるようにしてあります。
  敵(球速)を知り己(自己の能力)を知れば百戦危うからず・・これがマニュアルの真髄。  

  すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
●  計算せずとも見れば直ぐにわかるようにしました。試合前にタイミングをチェックするのに便利です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎年11月頃、プロ野球において戦力外通告を受けた選手を対象としたトライアウトが行われます。
本来、この方々は高校や大学野球など数十万人の中から選ばれた、いわば超エリート達だったはず

甲子園ではあれほど活躍できたのに、プロになった途端全く打てなくなってしまった。
この問題にはタイミングが大きく絡んでいることは、容易に想像することができます。

芯で捉えたり遠くに飛ばすにはそれなりの才能と鍛錬が必要ですが、タイミングは気抜けするほど簡単。

マニュアルを見て・ バットの振り始める位置を決め・そこに飛んできたらスイング開始・・たったこれだけ!

プロ野球の選手にはキャンプが始まる前に見てほしい。そんな想いで取り急ぎ作成しました。

これは机上の空論などではなく、実際に証明できるものです。

メジャーリーガーの方々も、是非お目通し願いたい。ビックリしますよ 






※ 当内容につきましては、すべてにおいて著作権で保護されています。この内容をヒントに、更に深めた理論や技術を展開。
その文書などを公開した場合は、著作権侵害の問題が発生するおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。


コメントは認証制です。
改・プロ仕様バッティングマニュアル
kazu

 プロ仕様バッティングマニュアル
  あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
  「 バッティングとはタイミング!タイミングこそすべてだ!」 言うは易し・・プロの解決法未だなし。
hannnou2
  タイミングについて、高校以上・プロに質問
  時速100キロの球、あなたはどこでバットを振り始めてタイミングを合わせていますか?
  ですか?それとも?・・もしかすると
  球の速さが120キロにアップしたら、140キロになったらどこでしょうか?
  あなたは何キロのスイングで球をとらえていますか?120キロ?・130キロ?・140キロ?
  人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
  あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  これに答えられる専門家なし
  一見簡単そうにみえる質問・・実は、専門家でも答えられないほど難しい問題なのです。
  分かっていたら、ソフトでの120キロなど簡単に打ち返せる筈ですから・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■  バッティングを難しくしているのはながら動作
●  バッティングとは、球の速さ・動き・位置を見極めながらタイミングも合わせるなど、複数の動作を同時進行させています。
●  生身の人間が、短時間内に複数動作を同時進行させるのは土台無理な話なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  バッティングは、実技と理論の仕分けが必要
  バッティングとは実技練習で解決するものと、理論で解決するものを分ける必要があります。
  実技→素振りやフリーの練習は、芯で捉えたり遠くに飛ばすには有効ですが、タイミングには効果薄。
●  理論→タイミングは計算で割り出した方が、従来からの勘に頼るよりも遥かに有効です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  計算で簡単に割り出せるタイミング
  プロが打つ時速150キロの球とは、0.01秒間に41センチもの高速で移動してきます。
  タイミングを合わせるということは、この0.01秒の動きをバットで正確に捉えることを意味。
  この0.01秒の動きは、正確な位置でバットを振れば簡単に捉えることができます。
●  正確なバットの振り始め(タイミング)は、算数程度で割り出すことが可能。← 本当です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  タイミング・計算でこうできる
  試合前→140キロは今まで通りか、それともか、始まる前にタイミングの確認をしておこう。
  試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならで振ればジャストミートできるな・・
  変化球は120キロか・これに絞ってまで引き寄せるか・
  いよいよ160のお出ましだ・振る位置はだな・抜いた150はにしよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
hannnou2

  計算の基となるタイミングのメカニズム・その1からその4
  その1 球のスピードとタイミングの関係 
  球の速さが80キロのときで合ったとしたら、100キロになるとに後退、 球の速さでタイミングの位置も変化する。
  その2 スイングのスピードとタイミングの関係 
  仮に、140キロでタイミングの合った位置をとして、スイングを130キロにゆるめるとに後退する。
  その3 スイングとタイミングの関係 
  テイクバックを大きくとってスイング、バットを短くもってコンパクトに振るのとでは、その長さと時間分違ってくる。
  その4 反応とタイミングの関係 
●  球を見てバットを振り始めるまでの時間(反応時間)、
  仮にを基準とすると、反応が0.02秒遅れるとに後退、0.04秒遅れるとに後退する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  タイミングと反応時間・・
  バットを振り始める位置は、国の威信を賭けたスーパーコンピューターでも決められない。
  それは、(0.2秒と思われている)その4の正確な反応時間がだせないからとも言えます。           
  数年かけて、この反応の時間を割り出すことに成功しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  もうひとつの問題点・・
  生身の人間である以上、その時々の調子でスイングや反応も違って当然。
●  同じ100キロでも、あるときは・またあるときはなど、タイミングの位置とは常に変化しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  マニュアルで何が分かり、何ができるのか?
●  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  書いてある通りにならなければマニュアルとはいえない 
  例えば、100キロの球はBメートル0センチメートルと出た場合、マニュアル通りその位置で
    ジャストミートしないとダメ。そして、直ぐにでもできる速効性も兼ね備えないと・
  大変きびしいのですが、マニュアルとはそういう性格のもの、それが信念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  実戦で使えないものはマニュアルとはいえない
  いくらマニュアルの内容がよくても、それが実戦で使えなければ話になりません。
  実戦で使える具体的なやり方教えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
  これをご覧になれば、計算せずともどの位置でバットを振ればよいのかなどは簡単にわかります。

※ 当内容につきましては、すべてにおいて著作権で保護されています。この内容をヒントに、更に深めた理論や技術を展開。
その文書などを公開した場合は、著作権侵害の問題が発生するおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。


コメントは認証制です。
プロ仕様バッティングマニュアル
kazu

 プロ仕様バッティングマニュアル
  あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
  「バッティングとはタイミングだ!タイミングこそすべてだ!」・・・んなこと分かってるよ
  バッティングが難しいのは、球の速さ・動き・位置などを見極めながら、同時にタイミングも・・・んなのも常識だ
hannnou2
  高校球児以上・プロにお聞きしたい
  時速100キロの球は、あなたはどこでバットを振り始めていますか?
  ですか?それとも?・・もしかすると
  球速が120キロにアップしたらどこですか?140キロになったらどこでしょうか?
  あなたは何キロのスイングで球をとらえていますか?120キロ?・130キロ?・140キロ?
  人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
  あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  タイミングに答えられる専門家なし
●  一見簡単そうな問題にみえますが、実はこれに答えられる専門家など誰もいないほどの難しい問題なのです。
  唯一、プロ仕様のバッティングマニュアルだけが、これについて詳細に説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■   【 ズブの素人がプロに教える 】常識では、狂気の沙汰か大嘘つき
  プロの時速150キロの球とは、0.01秒間に41センチものスピードで高速移動。
  タイミング合わせというのは、この0.01秒の動きをバットで正確に捉えていることを意味します。
●  例え素人でもバッティングのメカニズムさえ分かれば、0.01秒の動きを捉えるなど簡単なんです。
  マニュアルでは、その具体的な方法を説明。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
hannnou2

  バッティングのメカニズム・その1からその4
  その1 球のスピードとタイミングの関係 
  球の速さが80キロのときで合ったとしたら、100キロになるとに後退、 球の速さでタイミングの位置も変化する。
  その2 スイングのスピードとタイミングの関係 
  仮に、140キロでタイミングの合った位置をとして、スイングを130キロにゆるめるとに後退する。
  その3 スイングとタイミングの関係 
  テイクバックを大きくとってスイング、バットを短くもってコンパクトに振るのとでは、その長さと時間分違ってくる。
  その4 反応とタイミングの関係 
●  球を見てバットを振り始めるまでの時間(反応時間)、
  仮にを基準とすると、反応が0.02秒遅れるとに後退、0.04秒遅れるとに後退する。
  その1からその4まで簡単な計算で割り出すことができ、マニュアルではその方法を説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  その4に影響されるタイミング
  バットを振り始める位置は、国の威信を賭けたスーパーコンピューターでも決められない。
  それは、(0.2秒と思われている)その4の正確な反応時間がだせないからとも言えます。           
  偶然にも、この反応の時間を割り出すことができました。
●  すくなくとも0.2秒ではありません!!
●  マニュアルでは、正確な反応時間を割り出す方法を説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  もうひとつあるタイミングが抱える問題点
  生身の人間である以上、その時々の調子でスイングや反応も違って当然。
●  同じ100キロでも、あるときは・またあるときはなど、タイミングの位置とは常に変化。
  専門家がタイミングの問題に踏み込まなかったのは、これが有ったからなのかも知れません。
  スパコンをはじめ、最新の科学技術を使って平均的なものをだしても全く意味がないからです。
  マニュアルでは、その時々で変化するタイミングに対し、正確に合わせられる方法を説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  マニュアルで何が分かるのか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  書いてある通りにならなければマニュアルとはいえない 
  例えば、100キロの球はBメートル0センチメートルと出た場合、マニュアル通りその位置で
    ジャストミートしないとダメ。そして、直ぐにでもできる速効性も兼ね備えないと・
  大変きびしいのですが、マニュアルとはそういう性格のもの、それが信念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  実戦で使えないものはマニュアルとはいえない
  いくらマニュアルの内容がよくても、それが実戦で使えなければ話になりません。
  実戦で使える具体的なやり方教えます。
  ここで、このマニュアルが嘘や詐欺かどうか判明してしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  マニュアルを使うとこうなる
  試合前→140キロは今まで通りか、それともか、始まる前タイミングの確認をしておこう。
  試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならで振ればジャストミートできるな・・
  変化球は120キロか・これに絞ってまで引き寄せるか・
  いよいよ160のお出ましだ・振る位置はだな・抜いた150はにしよう。
  プロ仕様のマニュアルをご覧になれば、この程度の事は簡単にできてしまいます。
  WBCの対韓国戦で、もしこれができていたら・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
  これをご覧になれば、計算せずともどの位置でバットを振ればよいのかなどは簡単にわかります。

※ 当内容につきましては、すべてにおいて著作権で保護されています。この内容をヒントに、更に深めた理論や技術を展開。
その文書などを公開した場合は、著作権侵害の問題が発生するおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。


コメントは認証制です。
原案・プロ仕様バッティングマニュアル
■ プロ仕様バッティングマニュアル
◆ あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
◆ 「バッティングとはタイミングだ!タイミングこそすべてだ!」・んなこと知ってるよ
◆ バッティングが難しいのは、球の速さ・動き・位置などを見極めながら、
◆ 同時にタイミングも合わせなければならないから。・・・んなのは常識だ

■ そんなあなたに、お聞きしたい
◆ 時速100キロの球は、どこでバットを振り始めていますか?
● Aですか?それともB?・・もしかするとC?ですか?
● 球速が120キロにアップしたらどこですか?140キロになったらどこでしょうか?
◆ プロのスイングは140キロ以上らしいのですが、もし同じ140キロ以上出せたとしたら、
● あなたは何キロのスイングで球をとらえますか?120キロ?・130キロ?・フルの140キロ?
◆ 人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
● あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ バットの振り始める位置やタイミングは、野球の専門家に聞いてはいけない
● それは、最先端の科学技術を使って、バットの振り出しからインパクトまで、【Fの0.2秒からGの0.3秒かかる】という事まで解ったらしいのですが、位置の特定まではできていないからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 球速・スイング・反応時間とタイミングの関係・これらが分かったらこうなる
● 試合前→140キロは今まで通りのCなのか、それともDなのかタイミングの確認をしておこう。
● 試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならCで振ればジャストミートできるな・・
◆ 変化球は120キロか・これに絞ってAまで引き寄せるか・
◆ いよいよ160のお出ましだ・振る位置はEだな・抜いた150はDにしよう。
● プロ仕様のマニュアルをご覧になれば、この程度の事は簡単にできてしまうのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 【 ズブの素人がプロに教える 】・・狂気の沙汰か大嘘つき
● 飛んでくる球に・どこでバットを振り始めたら、【球とバットをうまく正面衝突させられるのか?】
● この程度のこと、たとえ素人とはいえ少し頭を使えば簡単に割り出せてしまうのです。
◆ 時速140キロの球とは、1秒間に39メートルで高速移動します。
◆ 0.1秒では3.9メートル、0.01秒では39センチです。
◆ タイミング合わせというのは、この0.01秒の動きをバットで的確に捉えることを意味します。
◆ バット振り始めの位置が特定できれば、0.01秒の動きなど簡単に捉えることができるのです。
● これを、日プロやメジャー関係者に知っていただきたく、オークションに参加出品しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ タイミングを解く鍵とは、その1からその4・にあり
      
◆ その1 球のスピードとタイミングの関係 
● 球の速さが80キロのときAでタイミングが合ったとしたら、100キロになるとBに後退、  
120キロではC・などと、球の速さによってタイミングの位置も変化する。
◆ その2 スイングのスピードとタイミングの関係 
● 仮に、140キロのフルスイングでタイミングの合った位置をAとして、バットコントロールなどでスイングを130キロにゆるめるとBに後退、更に110キロにゆるめるとCに後退する。
◆ その3 スイングとタイミングの関係 
● テイクバックを大きくとってスイングするのと、バットを短くもってコンパクトに振るのとでは、
タイミングの位置はその長さと時間分違ってくる。
◆ その4 反応とタイミングの関係 
● 球を見てバットを振り始めるまでの時間(反応時間)、
● 仮にAを基準とすると、反応が0.02秒遅れるとBに後退、0.04秒遅れるとCに後退する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                
● その1からその4で、バットの振り出しは決まる
● バットを振り始める位置は、国の威信を賭けたスーパーコンピューターでも決められないはず。
● それは、(0.2秒と思われている)その4の正確な反応時間がだせないからとも言えます。
● この反応時間こそが、長い間研究者や選手達を拒み続けてきた張本人なのです。
● これを解明できたのは今のところ・唯一私だけ・・・              
● 偶然にも、この反応の時間を割り出すことができてしまったのです。
● すくなくとも0.2秒ではありませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ もうひとつ振り出しを割り出せない理由がある  
◆ 生身の人間である以上、その時々の調子でスイングや反応も違って当然。
◆ 同じ100キロでも、あるときはA・またあるときはBなど、タイミングの位置とは常に変化。
◆ バットを振り始めるタイミングの位置とは、落ち着くことなくめまぐるしく変化しています。
◆ 専門家がタイミングの問題に踏み込まなかったのは、これが有ったからなのかも知れません。
◆ 個人個人の単位で・その時々の調子に合ったバット振り始めの位置が分からないと・・・
◆ スパコンをはじめ、最新の科学技術を使って平均的なものをだしても、全く意味がないからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                
◆ バッティングとはタイミングがすべて  
● これを解決するためのプロ用のマニュアルなど、どこにも存在していませんでした。
● プロ仕様のマニュアルなどは、おそらく初めてのことと推測しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ マニュアル通りにならなければマニュアルとはいえない
◆ 例えば、100キロの球はBメートル0センチメートルと出た場合、マニュアル通りその位置で
ジャストミートしないとダメなんです。そして、直ぐにでもできる速効性も不可欠なんです。
● 大変きびしいのですが、マニュアルとはそういう性格のもの、それが信念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 実戦で使えないものはマニュアルとはいえない
◆ マニュアル通りに実際に試して確認作業を行います。
◆ いくらマニュアルの内容がよくても、それが実戦で使えなければ話になりません。
● ここで、このマニュアルの真贋が問われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
※ これをご覧になれば、ご自分はどの位置でバットを振ればよいのかなどは直ぐにわかります。
● お手元に届いたら、直ぐに130キロ・150キロ・お好きな球速でご自身のタイミング位置を
お試し下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。