FC2ブログ
野球:創作打法 / 虎の巻のブログ
創作打法とは、球の速さに合ったバットの始動位置を計算にて割り出し、フルスイングでジャストミートさせる事を特徴とした。今までにない打法です。
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
改・改・プロ仕様バッテイングマニュアル
kazu


◆  プロのバッティングの悩み・一発解消の自信あり 

  バッティングの良否はタイミングに左右される 
●  十年に一人の逸材・その卓越したスイングでプロに入団、その後全く鳴かず飛ばず・・・
●  記憶に新しいWBC・余興でのプロ野球選手対女子ソフトなど、タイミングに纏わる話は尽きません。

◆  タイミングとは、計算で簡単に割り出せる   ← 本当です。    
●  プロに、いち・にい・さん・とか・いち・にぃ~のぉさん・は相応しくありません。  
●  勘や経験に頼るより、計算で割り出した方が遥かに簡単・しかも確実です。 

■  タイミングとは・・・
●  球の速さ、個人々の力量でも違ってくる・捉えどころのないもの。
●  何万回も素振りやフリーバッティングを繰り返しても・必ず結果に結び付くとは限らないもの。
●  タイミングを素振りやフリーバッティングなどで解決しようとしても、土台無理な話なのですが・・

◆  タイミングを決めている4つの要素
●  4つの要素とは、球の速さ・スイングのスピード・反応の時間・スイングのストロークのことを言います。

■  現代科学でも測れない。4要素の・とある部分・
●  球を見てバットを振り始めるまでの時間・反応時間・これだけは科学を以ってしても測定は不可能。

■  反応の時間が解った 

●  ある日突然、この時間が分かってしまったのです。 ← 研究者の方々、これから研究を始めても手遅れです。(念のため)
●  これを基に、球の速さに合った個人々の正確なタイミングの位置を割り出すことに成功しました。

    他・・・
■  バッティングを難しくしている ながら動作
●  バッティングとは、球の速さ・動き・コースなどを見極めながら、同時にタイミングも合わせています。
●  タイミングはきちっとした理論で、コースの見極めなどはそれに沿った方法と仕分けて解決・・・

■  これらを鑑みたものが・・ プロ仕様バッティングマニュアル  です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

  あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
  バッティングについて、高校以上・プロに質問したい

  例えば、時速100キロの球、あなたはどこでバットを振り始めてタイミングを合わせていますか?
  ですか?それとも?・・もしかするとでしょうか? 

  もし、球の速さが120キロ140キロにアップしたら、どこでバットを振り始めますか?
  同じ位置で振りますか?それとも移動させますか?移動させるとしたらどの位移動させますか?

●  プロのスイングは140キロとも150キロともいわれています。
  あなたは何キロのスイングで球をとらえていますか?・130キロですか?・140キロ?・フルの150キロ?

  人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
  あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?

  これに答えられる専門家なし
  一見簡単そうにみえる質問・・実は、専門家でも答えられないほど難しい問題なのです。

■  マニュアルで答えが分かる
●  100キロは・120キロになったら・140キロは・などと、具体的な位置がわかります。
●  何キロのスイングで球を捉えているのか?計算で簡単に割り出せます。← 本当です
●  球を見てバットを振り始めるまでの正確な反応の時間が分かります。 ←0.2秒ではありません。

  理論と計算で解決できるタイミング
  プロが打つ時速150キロの球とは、0.01秒間に41センチもの高速で移動してきます。
  この0.01秒の動きは、正確な位置でバットを振れば簡単に捉えることが可能。
●  タイミングとは、算数程度で簡単に割り出すことができるのです。← 本当です。  

  タイミングが分かると・こうできる 
  試合前→始まる前にタイミングの確認をしておこう。
  試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならで振ればジャストミートできるな・・
  変化球は120キロか・これに絞ってまで引き寄せるか・
  いよいよ160のお出ましだ・振る位置はだな・抜いた150はにしよう。

  マニュアルで何が分かり、何ができるのか?
●  タイミングとは、同じ球の速さでも人それぞれで違うように、全く捉えどころのないものです。
●  マニュアルでは、その人その人のタイミング位置が簡単に分かるようにしてあります。
  敵(球速)を知り己(自己の能力)を知れば百戦危うからず・・これがマニュアルの真髄。  

  すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
●  計算せずとも見れば直ぐにわかるようにしました。試合前にタイミングをチェックするのに便利です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎年11月頃、プロ野球において戦力外通告を受けた選手を対象としたトライアウトが行われます。
本来、この方々は高校や大学野球など数十万人の中から選ばれた、いわば超エリート達だったはず

甲子園ではあれほど活躍できたのに、プロになった途端全く打てなくなってしまった。
この問題にはタイミングが大きく絡んでいることは、容易に想像することができます。

芯で捉えたり遠くに飛ばすにはそれなりの才能と鍛錬が必要ですが、タイミングは気抜けするほど簡単。

マニュアルを見て・ バットの振り始める位置を決め・そこに飛んできたらスイング開始・・たったこれだけ!

プロ野球の選手にはキャンプが始まる前に見てほしい。そんな想いで取り急ぎ作成しました。

これは机上の空論などではなく、実際に証明できるものです。

メジャーリーガーの方々も、是非お目通し願いたい。ビックリしますよ 






※ 当内容につきましては、すべてにおいて著作権で保護されています。この内容をヒントに、更に深めた理論や技術を展開。
その文書などを公開した場合は、著作権侵害の問題が発生するおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。


コメントは認証制です。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。