FC2ブログ
野球:創作打法 / 虎の巻のブログ
創作打法とは、球の速さに合ったバットの始動位置を計算にて割り出し、フルスイングでジャストミートさせる事を特徴とした。今までにない打法です。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッティングにおけるタイミングの不思議
タイミングとは不思議なもの
飛んでくる球に対して0.5秒かけても合わせられる。0.2~0.3秒でも合わせられる。
投球動作から1・2・3・でも合わせられる。
つまりどの方法をとっても不正解はなく、どの方法でも合わせられる不思議なものです。

どの様な方法でも合わせられる。それ故にか、様々な理論や打撃の方法が考えられてきました。

その中でも特に興味深いのがこれ・・元プロの野球教室 と これ・・異なる速度のタイミング です。

この2つの共通点は、球の速さにバットの速さを合わせています。
これは、打撃の動作とスイングのスピードで、タイミングを調整していることになります。

血のにじむような努力をして、スイングを速くしたとしても、
知らず知らずのうちに、球の速さにスイングスピードを同調させて、タイミングを合わせている。

創作打法とは、投げられたボールとタイミングの合う位置を正確に予測。
バットコントロールをせずに速いバットスイングで正確にとらえ、より大きなエネルギーを
ボールに与えられる打法です。

※ 当内容につきましては、すべてにおいて著作権で保護されています。この内容から影響を受け、この理論を更に深めた理論や技術を展開。
その文書などを公開した場合は、複製又は翻案として著作権侵害の問題が発生するおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。