FC2ブログ
野球:創作打法 / 虎の巻のブログ
創作打法とは、球の速さに合ったバットの始動位置を計算にて割り出し、フルスイングでジャストミートさせる事を特徴とした。今までにない打法です。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原案・プロ仕様バッティングマニュアル
■ プロ仕様バッティングマニュアル
◆ あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
◆ 「バッティングとはタイミングだ!タイミングこそすべてだ!」・んなこと知ってるよ
◆ バッティングが難しいのは、球の速さ・動き・位置などを見極めながら、
◆ 同時にタイミングも合わせなければならないから。・・・んなのは常識だ

■ そんなあなたに、お聞きしたい
◆ 時速100キロの球は、どこでバットを振り始めていますか?
● Aですか?それともB?・・もしかするとC?ですか?
● 球速が120キロにアップしたらどこですか?140キロになったらどこでしょうか?
◆ プロのスイングは140キロ以上らしいのですが、もし同じ140キロ以上出せたとしたら、
● あなたは何キロのスイングで球をとらえますか?120キロ?・130キロ?・フルの140キロ?
◆ 人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
● あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ バットの振り始める位置やタイミングは、野球の専門家に聞いてはいけない
● それは、最先端の科学技術を使って、バットの振り出しからインパクトまで、【Fの0.2秒からGの0.3秒かかる】という事まで解ったらしいのですが、位置の特定まではできていないからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 球速・スイング・反応時間とタイミングの関係・これらが分かったらこうなる
● 試合前→140キロは今まで通りのCなのか、それともDなのかタイミングの確認をしておこう。
● 試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならCで振ればジャストミートできるな・・
◆ 変化球は120キロか・これに絞ってAまで引き寄せるか・
◆ いよいよ160のお出ましだ・振る位置はEだな・抜いた150はDにしよう。
● プロ仕様のマニュアルをご覧になれば、この程度の事は簡単にできてしまうのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 【 ズブの素人がプロに教える 】・・狂気の沙汰か大嘘つき
● 飛んでくる球に・どこでバットを振り始めたら、【球とバットをうまく正面衝突させられるのか?】
● この程度のこと、たとえ素人とはいえ少し頭を使えば簡単に割り出せてしまうのです。
◆ 時速140キロの球とは、1秒間に39メートルで高速移動します。
◆ 0.1秒では3.9メートル、0.01秒では39センチです。
◆ タイミング合わせというのは、この0.01秒の動きをバットで的確に捉えることを意味します。
◆ バット振り始めの位置が特定できれば、0.01秒の動きなど簡単に捉えることができるのです。
● これを、日プロやメジャー関係者に知っていただきたく、オークションに参加出品しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ タイミングを解く鍵とは、その1からその4・にあり
      
◆ その1 球のスピードとタイミングの関係 
● 球の速さが80キロのときAでタイミングが合ったとしたら、100キロになるとBに後退、  
120キロではC・などと、球の速さによってタイミングの位置も変化する。
◆ その2 スイングのスピードとタイミングの関係 
● 仮に、140キロのフルスイングでタイミングの合った位置をAとして、バットコントロールなどでスイングを130キロにゆるめるとBに後退、更に110キロにゆるめるとCに後退する。
◆ その3 スイングとタイミングの関係 
● テイクバックを大きくとってスイングするのと、バットを短くもってコンパクトに振るのとでは、
タイミングの位置はその長さと時間分違ってくる。
◆ その4 反応とタイミングの関係 
● 球を見てバットを振り始めるまでの時間(反応時間)、
● 仮にAを基準とすると、反応が0.02秒遅れるとBに後退、0.04秒遅れるとCに後退する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                
● その1からその4で、バットの振り出しは決まる
● バットを振り始める位置は、国の威信を賭けたスーパーコンピューターでも決められないはず。
● それは、(0.2秒と思われている)その4の正確な反応時間がだせないからとも言えます。
● この反応時間こそが、長い間研究者や選手達を拒み続けてきた張本人なのです。
● これを解明できたのは今のところ・唯一私だけ・・・              
● 偶然にも、この反応の時間を割り出すことができてしまったのです。
● すくなくとも0.2秒ではありませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ もうひとつ振り出しを割り出せない理由がある  
◆ 生身の人間である以上、その時々の調子でスイングや反応も違って当然。
◆ 同じ100キロでも、あるときはA・またあるときはBなど、タイミングの位置とは常に変化。
◆ バットを振り始めるタイミングの位置とは、落ち着くことなくめまぐるしく変化しています。
◆ 専門家がタイミングの問題に踏み込まなかったのは、これが有ったからなのかも知れません。
◆ 個人個人の単位で・その時々の調子に合ったバット振り始めの位置が分からないと・・・
◆ スパコンをはじめ、最新の科学技術を使って平均的なものをだしても、全く意味がないからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                
◆ バッティングとはタイミングがすべて  
● これを解決するためのプロ用のマニュアルなど、どこにも存在していませんでした。
● プロ仕様のマニュアルなどは、おそらく初めてのことと推測しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ マニュアル通りにならなければマニュアルとはいえない
◆ 例えば、100キロの球はBメートル0センチメートルと出た場合、マニュアル通りその位置で
ジャストミートしないとダメなんです。そして、直ぐにでもできる速効性も不可欠なんです。
● 大変きびしいのですが、マニュアルとはそういう性格のもの、それが信念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 実戦で使えないものはマニュアルとはいえない
◆ マニュアル通りに実際に試して確認作業を行います。
◆ いくらマニュアルの内容がよくても、それが実戦で使えなければ話になりません。
● ここで、このマニュアルの真贋が問われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
※ これをご覧になれば、ご自分はどの位置でバットを振ればよいのかなどは直ぐにわかります。
● お手元に届いたら、直ぐに130キロ・150キロ・お好きな球速でご自身のタイミング位置を
お試し下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。