FC2ブログ
野球:創作打法 / 虎の巻のブログ
創作打法とは、球の速さに合ったバットの始動位置を計算にて割り出し、フルスイングでジャストミートさせる事を特徴とした。今までにない打法です。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ仕様バッティングマニュアル
kazu

 プロ仕様バッティングマニュアル
  あらゆるスポーツの中で、最も難しいと言われているバッティング・・
  「バッティングとはタイミングだ!タイミングこそすべてだ!」・・・んなこと分かってるよ
  バッティングが難しいのは、球の速さ・動き・位置などを見極めながら、同時にタイミングも・・・んなのも常識だ
hannnou2
  高校球児以上・プロにお聞きしたい
  時速100キロの球は、あなたはどこでバットを振り始めていますか?
  ですか?それとも?・・もしかすると
  球速が120キロにアップしたらどこですか?140キロになったらどこでしょうか?
  あなたは何キロのスイングで球をとらえていますか?120キロ?・130キロ?・140キロ?
  人間の反射神経は平均すると0.2秒前後といわれています。
  あなたは球を見てバットを振り始めてミートさせるまで、何秒かかっているかわかりますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  タイミングに答えられる専門家なし
●  一見簡単そうな問題にみえますが、実はこれに答えられる専門家など誰もいないほどの難しい問題なのです。
  唯一、プロ仕様のバッティングマニュアルだけが、これについて詳細に説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■   【 ズブの素人がプロに教える 】常識では、狂気の沙汰か大嘘つき
  プロの時速150キロの球とは、0.01秒間に41センチものスピードで高速移動。
  タイミング合わせというのは、この0.01秒の動きをバットで正確に捉えていることを意味します。
●  例え素人でもバッティングのメカニズムさえ分かれば、0.01秒の動きを捉えるなど簡単なんです。
  マニュアルでは、その具体的な方法を説明。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
hannnou2

  バッティングのメカニズム・その1からその4
  その1 球のスピードとタイミングの関係 
  球の速さが80キロのときで合ったとしたら、100キロになるとに後退、 球の速さでタイミングの位置も変化する。
  その2 スイングのスピードとタイミングの関係 
  仮に、140キロでタイミングの合った位置をとして、スイングを130キロにゆるめるとに後退する。
  その3 スイングとタイミングの関係 
  テイクバックを大きくとってスイング、バットを短くもってコンパクトに振るのとでは、その長さと時間分違ってくる。
  その4 反応とタイミングの関係 
●  球を見てバットを振り始めるまでの時間(反応時間)、
  仮にを基準とすると、反応が0.02秒遅れるとに後退、0.04秒遅れるとに後退する。
  その1からその4まで簡単な計算で割り出すことができ、マニュアルではその方法を説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  その4に影響されるタイミング
  バットを振り始める位置は、国の威信を賭けたスーパーコンピューターでも決められない。
  それは、(0.2秒と思われている)その4の正確な反応時間がだせないからとも言えます。           
  偶然にも、この反応の時間を割り出すことができました。
●  すくなくとも0.2秒ではありません!!
●  マニュアルでは、正確な反応時間を割り出す方法を説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  もうひとつあるタイミングが抱える問題点
  生身の人間である以上、その時々の調子でスイングや反応も違って当然。
●  同じ100キロでも、あるときは・またあるときはなど、タイミングの位置とは常に変化。
  専門家がタイミングの問題に踏み込まなかったのは、これが有ったからなのかも知れません。
  スパコンをはじめ、最新の科学技術を使って平均的なものをだしても全く意味がないからです。
  マニュアルでは、その時々で変化するタイミングに対し、正確に合わせられる方法を説明。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  マニュアルで何が分かるのか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  書いてある通りにならなければマニュアルとはいえない 
  例えば、100キロの球はBメートル0センチメートルと出た場合、マニュアル通りその位置で
    ジャストミートしないとダメ。そして、直ぐにでもできる速効性も兼ね備えないと・
  大変きびしいのですが、マニュアルとはそういう性格のもの、それが信念です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  実戦で使えないものはマニュアルとはいえない
  いくらマニュアルの内容がよくても、それが実戦で使えなければ話になりません。
  実戦で使える具体的なやり方教えます。
  ここで、このマニュアルが嘘や詐欺かどうか判明してしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  マニュアルを使うとこうなる
  試合前→140キロは今まで通りか、それともか、始まる前タイミングの確認をしておこう。
  試合中→球の速さはだいたい140キロか・これならで振ればジャストミートできるな・・
  変化球は120キロか・これに絞ってまで引き寄せるか・
  いよいよ160のお出ましだ・振る位置はだな・抜いた150はにしよう。
  プロ仕様のマニュアルをご覧になれば、この程度の事は簡単にできてしまいます。
  WBCの対韓国戦で、もしこれができていたら・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  すべての球速に合ったタイミングの位置を一覧表に
  これをご覧になれば、計算せずともどの位置でバットを振ればよいのかなどは簡単にわかります。

※ 当内容につきましては、すべてにおいて著作権で保護されています。この内容をヒントに、更に深めた理論や技術を展開。
その文書などを公開した場合は、著作権侵害の問題が発生するおそれがありますので、くれぐれもご注意願います。


コメントは認証制です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。